インプラント・義歯・入れ歯

  • TOP
  • インプラント・義歯・入れ歯

失った歯の機能を回復させましょう
~インプラント・入れ歯・ブリッジ~

何本もある歯のうち、1本なくても大丈夫、と思っている方がいますが、それは大きな間違いだと言えます。歯には「食べ物を咬む」「発音する」「表情をつくる」などの大切な役割があり、1本だけでも失うとお口の中のバランスが崩れて正しく機能できなくなってしまいます。そればかりか、さらに歯を失ってしまう危険性もあります。

「かじわら歯科小児歯科医院」「苅田スマイル歯科小児歯科医院」「行橋スマイル歯科小児歯科医院」では、失った歯の機能をインプラント・入れ歯・ブリッジという3つの手段で回復させています。歯を失ったら放置せずに、できるだけ早くご相談ください。患者様のお口にあった最適な治療方法をご提案いたします。

インプラント

失った歯の機能を回復させる治療には、これまで入れ歯やブリッジが多く用いられてきました。そこに近年加わったのがインプラント治療です。入れ歯やブリッジと違い外科手術が必要になりますが、機能性・審美性がとても高く、まわりの歯に負担もかけないなどのメリットも多いことからインプラントを選ぶ方が増えています。

当院では事前の精密検査を丁寧に行い、一人ひとりに適したインプラント治療をご提案します。インプラント治療については、お気軽に当院までご相談ください。

インプラント治療のメリット

インプラントとは人工歯根用いた治療です。歯を失った部分の顎の骨にチタン製のインプラントを埋め込み、インプラント固定源にして人工歯を装着し、歯の機能を回復させます。

インプラントが顎の骨としっかり結合するため天然歯と変わらない咬み心地が蘇り、見た目も自然で美しいため、インプラント治療は近年人気を集めています。自費診療のため比較的費用は高額になりますが、これからの人生において毎日食事や会話を自由に楽しめることを考えれば、その金額に十分値すると言えるのではないでしょうか。

インプラント手術の前に確認すべきこと

インプラント治療では、顎の骨にインプラントを埋め込む外科手術を行います。この時、インプラントをしっかり埋め込むための骨の厚みが十分にあることが必要です。中には歯周病の悪化により骨が薄くなってしまい、インプラント治療が難しいケースもあります。

インプラント手術の前には、治療が可能か顎の骨の状態を確認します。骨が不足していた場合には、顎の骨を再生させる治療を行うことで、インプラント手術が可能になります。当院では事前の精密検査をきちんと行い、患者様一人ひとりに適したプランをご提案しますのでご安心ください。

骨再生治療

骨再生治療とは、歯周病の悪化によって顎の骨が不足している場合に、骨の厚みを確保するための治療です。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

サイナスリフト GBR(骨再生誘導法)

サイナスリフト

GBR(骨再生誘導法)

上顎の骨の上部にある空洞「上顎洞(じょうがくどう)」の底を押し上げ、そこに骨補填材を流し込んで骨の厚みを確保する治療法です。 顎の骨が不足している部分に、自家骨や人工骨を入れて人工膜でスペースを確保し、骨の再生を促す治療法です。

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)は、失った歯の機能を回復させるために古くから親しまれている治療法です。インプラントのように外科手術が不要であり、ブリッジのように歯を削る必要はありませんが、装着感や咬み心地などに違和感が生じます。

しかし、近年では快適な入れ歯も多く開発されています。現在の入れ歯に不満があるという方は、一度当院までご相談ください。

義歯(入れ歯)のメリット

入れ歯治療では、失った歯の本数に合わせて部分入れ歯、または総入れ歯をつくります。保険診療または自費診療が選べ、費用を抑えたい方には保険診療、より快適さや美しさを求める方には自費診療がおすすめです。

入れ歯治療はインプラント治療に比べて治療期間が短く、外科手術も不要です。また、持病や顎の骨量などに関係なく誰でも受けられる治療であることが、大きなメリットだと言えるでしょう。

義歯(入れ歯)の種類
ノンクラスプデンチャー
保険診療の部分入れ歯には、金属のバネ(クラスプ)があります。このバネをなくしたものがノンクラスプデンチャーです。弾性のある特殊な樹脂で歯ぐき部分をつくり、残っている歯に固定して使います。そのため、目立ちにくいうえにフィット感に優れているのが特徴です。

ノンクラスプデンチャー

金属床義歯
歯ぐきに当たる床部分を金属でつくった入れ歯です。金属は強度が高いため床を薄くでき、保険診療のレジン床(レジン=歯科用プラスチック素材)の入れ歯に比べて、軽いうえに違和感も少ないのがメリットです。また金属ゆえに食べ物の温度も伝わりやすく、食事をおいしく味わえます。

金属床義歯

ブリッジ

ブリッジとは、失った歯の両隣にある歯を削って支台にし、連結された人工歯を橋のようにかける治療法です。部分入れ歯のように金属のバネが目立つことがなく、しっかり固定されて咬み心地もよいのがメリットです。

ただし支台にする歯が必要なため、残っている歯の本数や失った歯の場所によっては適用できないケースもあります。

ブリッジのメリット

ブリッジのメリットには、装着感や見た目の違和感が少ない点が挙げられます。また、しっかり固定されることで咬む力の回復度が部分入れ歯より高いこともメリットと言えるでしょう。

使用できる素材に制限はありますが、保険診療が選べるため費用を抑えることが可能です。逆に自費診療を選べば、より快適で自然な美しい見た目のブリッジもつくれます。どんなブリッジが向いているか、自分では決められないという場合はお気軽にご相談ください。

ブリッジの種類
ゴールド 金合金を素材にしたブリッジです。見た目は目立ちますが、適合性が高いうえにさびにくく、長期的な使用が可能です。比較的見えにくい奥歯におすすめです。
メタルボンド 金属のフレームの表面にセラミックを焼きつけたブリッジです。見た目が自然なうえに、金属の強度が高いというメリットがあります。そのため、咬む力が強くかかる部位への使用も可能です。
ジルコニア・オールセラミック ジルコニアのフレームの表面にセラミックを焼きつけたブリッジです。ジルコニアは人工ダイヤモンドの材料にもなる、強く美しいセラミック素材です。天然歯のような自然な美しさと透明感を持つ、耐久性の高いブリッジになります。